娘と将棋-その43 JT杯東海大会 低学年部門参加

2021年11月3日 名古屋市国際展示場にてJT杯東海大会が開催された。コロナの影響で今年も無いかもしれないと思っていたが、無事開催されてよかった。

大会案内には10時から大会開始で9時から自由対局とあったけど、結局自由対局はなかった・・・。自由対局のために9時前に会場に到着していたのに残念。並んでいると長女のクラスメイトSくんが目の前に、通っている将棋クラブのRちゃんが真後ろに並んでおり驚いた。数百人いるなかで偶然過ぎる。

ことも大会を舞台側から見ると多そうに見えるが、会場後方から見ると低学年の部には空きの席が多かった。例年よりも少ないらしい。来年コロナの影響がなくなれば、増えるのかな?申込者全員当選だったのかな?

◎娘たち大会結果:低学年の部で参加
長女●●●
次女●○○
 長女の将棋を見ていると相手に流されて早指ししているようで、大駒の効きをうっかりして駒をタダで取られることも多い。序盤での駒の取り損ないはなくなっているので、六枚落ち卒業程度まで行ければとんとん拍子で強くなると思う。
 次女は切り合いで踏み込んだ後に一歩下がることがある。終盤力が強く守りの金銀狙い、3-5手の詰ろを繰り出して勝っていた。まずは矢倉に組む作戦大成功。相手の考慮中の姿勢が悪いので将棋よりも態度を治したい。

後半戦はJT杯の藤井三冠vs永瀬王座戦。娘が飽きるだろうと思ったら長女が最後まで観戦したいということで最後まで観戦しました。勝者予想では娘たち2人とも永瀬王座だった。バナナ好きの次女は永瀬王座推し、長女は王座の言葉の響きが格上そうと思っていたようだ。結果は報道の通り藤井三冠の勝ちであった。

コメントを残す