2018年05月 愛知大会予定

2018年5月の大会、イベント予定、4月29日調査です。会場、日程を確認して参加していただければ幸いです。時間は対局開始時間です。2018年から業務連絡として東海団体リーグ日程を記載します。

  • 3日(日)愛岐会(一宮テニス場)9:45
  • 5日(土)名南将棋大会(南生涯学習センター)R1600点以下10:00
  • 5日(土)小牧将棋大会(ふらっとみなみ)10:20
  • 6日(日)江南将棋大会(市民文化会館)10:00
  • 6日(日)五万石藤まつり 第25回将棋まつり(岡崎城公園)
  • 12日(日)愛岐会(一宮テニス場)9:45
  • 20日(日)名南将棋大会(南生涯学習センター)R1600点以上10:00
  • 29日(火)30日(水)第76期名人戦第5局(大須 万松寺)

先月の予定は 2018年4月 愛知大会予定 参照

美馬棒銀対策

2018/5/18の竜王戦 船江六段-藤井六段戦は25年ほど前に読んだ定跡書にあった美馬棒銀でした。狙いはリンク参照

美馬棒銀対策は手持ちの定跡書によると米長永世棋聖の△7四歩がある。後手は先手の7八金省略に対抗して右銀を動かずに第1図から△7五歩▲同歩△6五角(第2図)が狙いである。攻め合いとなったとしても後手は飛車に紐がついている。

竜王戦では第2図となるかと思っていたら予想外の第3図の△4五角!自分の実戦でも△5四角しか経験がなかったので衝撃でした。将棋ウォーズで月に1,2回ほど遭遇する局面なので今後この対局を参考に第3図は増えるのではないかと考えています。

第3図となった場合どう指せば良いのかまだ研究できていませんが、▲5六角か▲2四歩がいいように感じます。

2018年06月 愛知大会予定

2018年6月の大会、イベント予定、5月20日調査です。会場、日程を確認して参加していただければ幸いです。時間は対局開始時間です。2018年から業務連絡として東海団体リーグ日程を記載します。

  • 3日(日)小牧将棋大会(ふらっとみなみ)10:20
  • 3日(日)一宮市民将棋大会(尾張一宮駅 駅前ビル)10:00
  • 9日(土)愛岐会(一宮テニス場)9:45
  • 10日(日)江南将棋大会(市民文化会館)10:00
  • 16日(土)名南将棋大会(南生涯学習センター)R1600点以下10:00
  • 23日(土)愛岐会(一宮テニス場)9:45
  • 30日(土)名南将棋大会(南生涯学習センター)R1600点以上10:00

先月の予定は 2018年5月 愛知大会予定 参照

第75回東海団体リーグ日程

第75回はA級での参戦。全て10時からとなります。
(数字)はリーグ順位で、さくら総合研求会はリーグ順位4位
です。

団体戦1週間前に参加募集の案内を送ります
第1R 2018年6月3日@栄将棋教室
10:00 (10)一歩千金B
11:00 (9)将棋チェスネット
12:00 (5)名古屋大学A

第2R 7月8日@栄将棋教室
10:00 (6)一歩千金A
11:00 (7)名古屋支部ジュニアA
12:00 (2)豊田けやき支部A

第3R 8月19日@愛旅連ビル3F会議室(栄将棋教室横)
10:00 (3)岐将会
11:00 (8)名古屋大学OB会
12:00 (1)ちーむきゅるきゅる

棋泉の棋譜読み上げ機能

有料版の棋泉を所有の方なら知っているかもしれませんが、棋泉には棋譜読み上げ機能があるのです。

PC掃除してたら古いバージョンの棋泉に音声ファイルを発見。音声ファイルを現在使っている棋泉に組み込み棋譜読み上げ機能を付加してみたらパワーアップ成功!

音声ファイルを185ファイル自前で作成して頒布するのもありかな?と悪巧みをしてみる。

180502☆中部大学将棋部

2018年5月2日、平日だがGWのため会社はお休み♪というわけで、中部大学将棋部へ行ってきました。メンバーはsanson、シゲ、えんじゅの3人。お昼に学食で合流して将棋部へ。下の写真は学食のナポリタン。

アポ無しで将棋へ突撃したため、部室が開いていない・・・。午後の授業時間直前になって部長が登場して部室へ入ることが出来ました。

自分が卒業したのが1999年なので自分が卒業してから生まれた世代が居るのだと思うと不思議な感じだね。今年の新入部員には東海団体リーグでTKGとして出場していた人が居て今後に期待できそうです。団体戦にも誘ったので来てくれると嬉しいな。

お昼から20時過ぎまで将棋を指して楽しいひと時でした。

第76期名人戦第5局は大須の万松寺

昨日の名人戦第2局の結果により佐藤名人-羽生竜王は1-1となったため、名人戦第5局が確定しました。これにより愛知県名古屋市大須にある万松寺対局が決定しました。

万松寺商店街のど真ん中、叡王戦第1局に続いて愛知県でのタイトル戦となります。仕事は早番でいけるけど、名人戦の終了時間を考えると最後までは居られそうもないな。

序盤研究

 

何気ない序盤の局面図。△32銀型なら四間飛車、△42銀型なら中飛車、雁木を警戒するところでしょうか?今までの自分の将棋を振り返ると△32銀型には▲56歩と指していたのですが、近年の雁木流行から5筋は突きたくないため非常に悩ましい。そこで直近3年を調べてみると最近の流行はどちらの局面も▲68玉のようである。

対局数推移は下のようになっています。一番下の「2016年まで」は2000年から2016年までの総数である。2018年はまだ4月ということもあり対局数は少ないものの▲68玉が増えていることがわかる。そして勝率も高いのも特徴だ。

これらのデータは2000年ころからコツコツ貯めた将棋倶楽部24の棋譜集より作成しています。