娘と将棋-その57 220807名進研カップ中部オール学生団体戦

2022年8月7日名古屋駅近くの名進研ホールにて、名進研カップ第6回中部オール学生団体戦が開催された。小学生から大学院生までの学生で3人1組。学校クラブ問わず、自由に友達と組めるのがいい大会である。今回、娘二人と同じ小学校の子と組んで申し込んだのだが、保護者がコロナ陽性となってしまい代替メンバーがいなければ不参加の旨を連絡したのだが、運営より「同じようなチームがあれば混成チームを作って対応する」とのことで2名での参加となった。

大会は初級者クラス、中級者クラス、上級者クラス、最強クラスの4クラス。娘たちは初級者クラスで参加。欠けたメンバーの補充は竹内指導棋士四段が10枚落ちで参加する形となった。初級者クラスは6チーム参加で総当たり戦。チーム成績1勝4敗の結果となりました。
長女●●○●●
次女●●○●●
竹内指導棋士四段(10枚落ち)●●●●●

初級者クラスは初心者から5級。遠目からみると序盤で差をつけられることを多いようだった。詰将棋レベルは詰チャレラン20-30問解けるレベルだから悪くないとは思うから序中盤が課題だ。

大会後帰路で長女から「竹内先生ってお父さんの弟子なの?」って、どうしてそうなった?どうやら竹内先生が奨励会に入る前に大会で数度対局してて、そのことを娘に話したようだった。対局することを「教えてもらう」と言うこともあるから、そこから転じての勘違いだと思うのだが・・・。

コメントを残す